引っ越し業者の見積りなどについて

引っ越し日が詳しく確定していない

引っ越し日確定

引っ越し日がまだ決まってなくても、見積りをして概算価格を出してくれる引っ越し業者はたくさんあります。
しかし、引っ越し日が確定していないということは、作業が集中するときに予約される可能性もあると踏んで、業者は高めの料金で見積りをします。
そのため、できるだけ引っ越し希望日が詳しく決まってから見積りをしてもらうのが良いでしょう。

 

資材を自分で準備する

ちょうど良いダンボールは簡単に手に入らない

ダンボール

資材を自分で準備して、なるべく引っ越しにかかる費用を抑えようと思う人はたくさんいます。
自分で引っ越しダンボールを用意するには、ホームセンターなどで購入するかコンビニやスーパーなどでもらうかのどちらかでしょう。
しかし、ホームセンターで購入するなら業者に資材も依頼したほうが安く済みます。
また、引っ越しにはそれに適した大きさのダンボールというものがあり、コンビニやスーパーで手に入るものは妙に背が高かったり幅があったりと、引っ越しには適さない箱であることがほとんどです。
持ちにくい形のダンボールに荷物を入れてしまうと、搬入や搬出がしにくくなってしまいます。

運びにくい荷造りになる

紙袋

引っ越しに適したダンボールが手に入らなくても、とにかく手に入った資材で荷造りをするしかありません。
そうなると、大きなダンボールに重たいものを入れたり、ダンボールの他に紙袋などを代用したりと、業者にとって運びにくい荷造りとなってしまうことがあります。

予想以上にダンボールが必要

ダンボールは、自分が思った以上に必要となることがほとんどです。
そのため、ダンボールが足らずに中途半端な荷造りで引っ越し日を迎えてしまう人も少なくありません。
もちろん、そういったことになった場合は通常よりも作業時間がかかってしまいます

 

引っ越し日が確定していなかったり、資材を自分で準備したりする場合、

 

引っ越し当日に上記のようなことが考えられるため、高めに見積りを出されてしまうのです。

 

業者に引っ越しを依頼するなら、資材も一緒に依頼したほうが良いでしょう。

 

自分で資材を集めたり荷造りに悪戦苦闘したりせずに済み、

 

料金も割高にならずに済むかもしれません。

 

引っ越し一括見積りサイトを利用しよう

資材無料サービス資材も引っ越し業者に依頼したいときは、資材を無料サービスしてくれる業者を選ぶといいでしょう。
引っ越し一括見積りサイトを利用すると、引っ越しに関する情報を一度送信するだけ複数社に無料見積り依頼ができるため、そういった業者を簡単に探すことが可能です。

 

Facebook


inserted by FC2 system