スムーズに行える引越し前の荷造りと引越後の片付け

荷造りの方法がわからない

引越しすることが決定したので、さあ荷造りするぞ!と思っても、まず何からやればいいのかわからない、というのはよく聞きます。

 

意気込んではみたものの、明日も明後日も、まだこの部屋で生活していくとなると、どこから荷造りしていいか悩むものです。

 

そこで荷造り前のポイントと引越し後もスムーズに片付けができる方法をご紹介します。

 

新居に持っていくものと持っていかないものを決める

電化製品

大型家具や電化製品など、新居でも使うものとそうでないものを決めましょう。

 

大きなものを運ぶか運ばないかは、引越し業者の見積り額に影響してきます。

 

そのため、引越し業者に見積り依頼をする前におおまかでも良いので決めておきましょう。

 

また、処分するにも売るにも大きな荷物は手放すのに時間を要するので、どうするか早めに決めておくと動きやすくなります。

 

参考:引越しで出た不用品やベッドをカンタン&安く処分する方法とは?

 

引越し業者が帰ったあとは荷物の片付けが待っています

引越し片付け

荷物の搬入も終わり、無事に引越しが完了したのもつかの間、引越し業者が帰ったあとは荷物の片付けが待っています。

 

積みあがったダンボールや空っぽの棚を見ると、今からしなければならないことにげんなりしてしまいます。

 

これから生活をしていく部屋ですから、疲れているからといって適当に収納したのでは暮らしにくくなってしまいます。

 

実は、住みやすく、かつスピーディーに片付けを終わらせられるかどうかは、荷造りの時点で決まっているのです。

 

そのため、片付けを楽に終わらせられるように引越し準備の段階から気を付けることがあります。

 

荷造り前

 

1 新居での家具の配置決め

新居間取り図

 

荷造りする前に、新居で何をどこに置くかをだいたい決めておきます。

 

引越し先の間取り図を見て、部屋をイメージしておきましょう。

 

2 棚別荷造り

 

ダンボール

ダンボールに荷物を詰めるときは棚ごと収納する家具ごとに箱を変えて入れていきましょう。

 

ダンボールには何が入っているかを書き、一目でわかるようにしておくのも重要です。

 

蓋の上だけでなく、箱の側面にも書いて、どこから見ても何が入っているかがすぐわかるようにしておくと、ダンボールを積み重ねた状態でも楽に探せます。

 

また、 「知らないと損!引越しを安くするダンボールのあれこれ」に、お得にダンボールを調達する方法など書いてあります。

 

荷造り開始

荷物を詰める順序

季節外れの衣類

普段使わないものから片付けていきましょう。

 

本や食器、季節外れの衣類など、今生活する上で必要ないものは早めに荷造りしておきましょう。

 

あまり使っていない部屋、あまり開けない収納などの荷物から

あまり開けない収納

普段使っていない部屋や収納の荷物は、すぐに必要なものは入っていないでしょう。

 

先に荷造りしてしまっても困ることは少ないので、真っ先に手をつけたいところです。

 

シーズンオフの家電や衣類

シーズンオフの衣類

夏であれば暖房器具、冬であれば扇風機と、季節によって使っていない家電や衣類があります。

 

1年かけて引越し準備をする人はいないので、そういった季節もののアイテムは早めに荷造りしてしまっても問題ありません。

 

本、DVD、CDなど、生活する上で必要ないもの

DVD

漫画や映画など、娯楽で使っているものは必要最低限の生活をするのに不要なので、早めにダンボールに詰めてもいいでしょう。

 

どうしても必要という方は少しだけ手元に残して、あとはすべて梱包しておきましょう。

 

衣装ケースはそのままでOK

衣装ケース

ほとんどの引越し業者では、衣装ケースの中に入っているものが衣類であれば空にしなくても運んでくれます。

 

新居でもすぐ使用できるので、わざわざダンボールに移し替えずにそのまま運んでもらいましょう。

 

場所別で箱を分ける

リビング

リビングやキッチン、洗面所など、場所別にダンボールを分けて荷造りしましょう。

 

ダンボールにどこの荷物かを書いておけば、引越し先でも片付けがしやすくなります。

 

ギリギリまで使うものはひと箱に

洗面用具

掃除道具や洗面用具、化粧品など、旧居でギリギリまで使うものはひと箱にまとめておくと当日まで使いやすくなります。

 

新居でもすぐ必要になるものが多いので、ひと箱に収納しておくとすぐに取り出せて便利です。

 

 

引越し後の片付けポイント

タンス

引越しでは、大きな家具から荷解きして部屋に設置していきましょう。

 

大きなものが片付くと、作業スーペースも確保できるのでその後の作業が楽になります。

 

細々したものは、使用頻度の高いものから片付けていきましょう。

 

生活するのに必要なものがある程度片付けば、残りの作業を次の日にまわすこともできます。

 

あとは焦らず、生活しやすいように少しずつ片付けていきましょう。

 

荷造りなど引っ越し準備をはじめる時に必ずやっておきたいこととは?

引越し作業員

これから、引っ越しの為に荷造りをしたり忙しくなると思いますが、もっとも大切な引越し業者は決まりましたか?

 

引っ越し費用で10万円かかっていたものが、半額の5万円になることもありますので、何よりも先に業者を選んでおきましょう。

 

大手の引越し業者から、わずか1分で無料で見積もりがとれる「引っ越し価格ガイド」がオススメしておきます。

 

複数業者からの見積もりが無料がとれますので、あなたの引越し費用の1番安いところが分かります。

 

『引っ越し価格ガイド』で最大50%安くなる無料見積もりをとる

 

無料でできますので、いますぐ調べておきましょう。

 

 

Facebook


inserted by FC2 system