引っ越し業者にお礼は基本的に不要です

チップ

一昔前までは、引っ越しを依頼した業者に対して、お礼の意味を込めて支払う料金以外にチップや何らかのを渡す習慣がありました。

 

しかし、現在ではそれもかなり薄れており、“謝礼を受け取らない”という方針の企業もあります。

 

そのため、基本的には不要と考えても問題ありません。

 

お礼を何もしなかったからといって、非常識だと思われたり作業員がザツな態度になったりすることはありません。

 

 

引っ越し業者にお礼を渡したい場合

何を渡す?

現金

お礼を形で表したいのであれば、作業員に何かを渡しても良いでしょう。

 

その場合、現金飲み物といったものが無難です。

 

現金であれば、ひとり500〜3,000円が相場のようですが、多額の現金は逆に気を遣わせてしまいます。

 

ちょっとした飲み物や食べ物が買えるくらいの金額にし、作業員の心に負担をかけないようにしましょう。

 

また、飲み物のお礼は、ハードな引っ越し作業に嬉しいものとなるので、とても喜ばれます。

 

季節によって冷たいものや温かいものを選び、コーヒーや炭酸などは好き嫌いがあるのでお茶スポーツドリンクといったものにしましょう。

 

いつ渡す?

飲み物

現金であれば、作業が始まる前に渡すのがおすすめです。

 

作業員も人間なので、お礼を先に受け取ると気分よく仕事をしてくれます。

 

作業員のやる気を引き出せれば、無意識のうちに通常よりも丁寧に作業してくれるかもしれません。

 

また、飲み物を渡すのであれば作業の邪魔にならない作業前作業後のどれかが良いでしょう。

 

休憩中に渡そうとすると、ひとりひとりがそれぞれのタイミングで休憩をとることもあるため、渡しそびれることも考えられます。

 

引越し中の差し入れに関して、どのようなものが喜ばれるのかはこちらの記事を参照してください。

 

引っ越し業者への差し入れは渡したほうが良いの?

 

どのようにして渡す?

ポチ袋

現金を渡す場合は、封筒ポチ袋などを使用しましょう。

 

金額がわからないように一人分ずつ包んで、できればひとりずつに手渡しましょう。

 

作業員のトップにたつリーダーにまとめて渡すと楽ですが、悪質なケースではそのリーダーが独り占めしてしまうということもあるようです。
リーダーに渡すのであれば、必ず作業員全員が見ている前で渡すのが良いでしょう。

 

また、飲み物を渡す場合は、作業員が好きなタイミングで飲めて持ち運びがしやすいように、ペットボトルのものにしましょう。

 

 

お礼の言葉は忘れずに

ありがとう

引っ越し業者の作業員に渡すお礼は、渡さなくても特に問題ありません。

 

しかし、何も渡さないにしろ「ありがとう」の一言は伝えたいものです。

 

気持ちよく引っ越しが完了するように、“お金を払っているんだから”という傲慢な態度はとらないようにしたいですね。

 

次のページ

引越し後に荷物の破損のトラブルに合った時には?こちらの記事も一度、目を通しておくと良いでしょう。

 

引越し業者への心づけ(チップ)と引越し後の荷物破損時のクレームは?

 

 

Facebook


inserted by FC2 system