そもそも、差し入れは必要なの?

そもそも、差し入れは必要?

引っ越しを業者に依頼した際に、作業員への差し入れをするかどうか悩む人はとても多いです。

 

結論からいうと、渡しても渡さなくてもどちらでも構いません

 

作業員はプロとして仕事をしにきているので、差し入れの有無で態度をガラリと変えることはありません。

 

お礼の気持ちを表したい、作業を頑張って欲しい、などの思いがあれば、差し入れをしても良いでしょう。

 

差し入れを渡すと作業員のやる気や現場の士気も上がり、作業員とコミュニケーションがとりやすくなるというメリットもあります。

 

 

喜ばれる差し入れは?

 

飲み物や食べ物が無難

食べ物や飲み物

せっかく差し入れをするのであれば、喜ばれるものを差し入れたいものです。

 

作業員がもらって嬉しいものは、ハードな引っ越し作業の合間にエネルギー補給ができる飲み物や食べ物です。

 

飲み物を渡す場合の注意点

蓋つきペットボトル

飲み物は、気温に応じて冷たいものや温かいものを選びましょう。

 

また、缶ジュースなどであれば一度空けてしまうと飲みきらないといけなくなるため、蓋付きのペットボトルが喜ばれます。

 

人の好みはそれぞれなので、お茶やスポーツドリンクといった無難なものがおすすめです。

 

食べ物を渡す場合の注意点

個包装のお菓子

食べ物を渡す場合は、持ち運びがしやすい個包装のお菓子が良いでしょう。

 

チョコレートなど溶けやすいものや、食べるのに時間がかかるものは避けましょう。

 

作業を滞らせたり食べかけのままになったりしないように、1口2口で完食できる小さいものがベストです。

 

家族引っ越しなどで作業がお昼をまたぐ場合、お弁当を差し入れとして用意する人もいます。

 

しかし、疲労で食欲がなかったり忙しくて食べる暇がなかったりする作業員もいるので、あまりおすすめできません。

 

後で食べようとすると、季節によっては食中毒を起こしたりすることも考えられるため、お弁当は避けたほうがいいでしょう。

 

渡すタイミングは?

スタッフ全員が集まっているとき作業をストップさせたり、邪魔になったりしないタイミングが良いでしょう。

 

作業前、休憩時間、作業後など、スムーズに受け渡しができるときに渡しましょう。

 

しかし、休憩時間は作業員それぞれ違うこともあり、各々が好きな場所で休憩をすることもあるため、ひとりひとりに渡そうとするとなかなか難しいことが考えられます。

 

作業前作業後の挨拶時など、スタッフ全員が集まっているときが渡しやすいタイミングです。

 

「よろしくお願いいたします」や「ありがとうございました」といった言葉と一緒に渡すのが良いでしょう。

 

 

Facebook


inserted by FC2 system