短距離引越しを引越し業者に頼んでも安く収めることができるコツなど

今度引越しするんだけど、引越し先がすぐ近くだから引越し業者には頼まないでおこうと思って

 

今度引越しするんだけど、
引越し先がすぐ近くだから業者には頼まないでおこうと思って

なんて話、耳にしたことはありませんか。

 

短距離ならば、レンタカーなどでトラックを借りて自分たちで済ませてしまうことも可能です。

 

ですが、引越し当日になって面倒が続き、朝から始めたはずの作業が夜までかかってしまった…なんて人もいらっしゃいます。

 

また、実は一見費用が浮きそうなセルフの引越しも高くついてしまう結果になることもあります。

 

そこで今回は、短距離引越し引越し業者に頼んでも安く収めることができるコツと、引越し業者の選定方法についてご紹介します。

 

高くついてしまう結果引越し業者に頼んでも短距離引越しを安く収める方法はいくつかあります。

 

短距離の引越しの場合、料金は荷物の量と人件費、あとはエレベーターの有無や立地条件、追加サービスなどが、金額を決める主な要素です。

 

エレベーターの有無や立地条件に関しては同仕様もありませんが、その他の部分を工夫すれば引越し料金を安く収めることができます。

 

ここでは各項目ごとに、引越し費用を安く収めるコツについて取り上げます。

 

ダンボール荷物量ダンボール

荷物料

荷物量は極力少なくすることが大切です。

 

そのためダンボールへのつめ方を工夫したり、いらないと感じたものについては思い切って破棄することも大切です。

 

破棄を検討するのであれば、リサイクルショップに持ち込んだり、インターネットオークションにかけるという方法もあります。

 

また車を持っている方はハンドキャリーできるものであれば、一部自分で運んでしまえば、その分引越し費用を抑えることができます。

 

ダンボール人件費ダンボール

人件費

事前に見積りを確認する際は、何人引越し業者の担当者がつくのか、どんな担当者が来るのかも確認しておきましょう。

 

担当者は少なければ少ないほど費用は安くなります。

 

一部の引越し業者では、荷物運搬用のトラックと運転手のみを貸し出すプランを用意しているところもあります。

 

運転手が手伝ってくれることもあるので、こういったプランを利用するのも費用を抑えるポイントです。

 

また、アルバイトが来るのか正社員が来るのかによっても費用が変わります。

 

この点については見積りで確認できませんので、直接引越し業者に問い合わせてみましょう。

 

ただし、必ずしもというわけではありませんが、荷物を運ぶ質も伴いますので、丁寧に運んでほしいという方は正社員のほうがよいかもしれません。

 

ダンボール追加サービスダンボール

ペットの運搬

エアコンの取り外しや取りつけ、ペットの運搬や電気工事などの料金は、引越し業者によって異なります。

 

当日になって追加サービスを受けなければならなくなった…という方も少なくありませんので、事前に引越しに伴う作業を確認し、追加サービスが必要であればそれを盛り込んだ見積りを出してもらいましょう。

 

また引越し業者によっては、短距離引越し向けのパックを用意しているところもあります。

 

地元密着型の引越し業者だと、20,000円〜なんてところもありますので、こちらも合わせて確認しておきたいですね。

 

どの業者がどんなプランやサービスをどれくらいの料金で展開しているのかわからないよくわからない…そんな場合は「引越し安いところをお探しなら【格安で引越しする方法】」にも記載してある様に無料一括見積りサイトの利用がオススメです。

 

一回の見積りで、複数の引越し業者から見積りを取り寄せることができます。

 

しかもサイトによっては見積りを取るだけで料金が割引になることも。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

Facebook


inserted by FC2 system