引越し前のやることリストと手続き一覧のまとめ

引越しする時には、転出や転入届、婚姻届の提出や、銀行口座、クレジットカードなどその他もろもろの住所、氏名、名義変更などとやることがいっぱいあります。

 

そこで、そんな大変な手続きを手際よく行える流れをご紹介します。

 

新居が決まったらすぐに行う手続き

 

引越し業者の決定

引越し

引越し業者に引越しを依頼する場合は、なるべく早く見積り依頼をして業者を決定しましょう。

 

3月中旬から4月上旬は引越しが集中するため、早めに動かないと希望の日程がとれないこともあります。

 

引っ越し業者は決まってきまっていますか?

 

まだ決まっていない場合は、こちらのページで1番安い引っ越し業者を探す方法を紹介しています。
引越し安いところや格安で引越しするなら

 

旧居の賃貸解約

賃貸住宅

賃貸住宅に住んでいた場合は、管理会社や大家に連絡して解約手続きをしましょう。

 

多くの場合、一ヶ月前までに連絡をしなければならないことになっています。

 

無駄な賃料を払わなくて済むように、早めに連絡しておきましょう。

 

粗大ゴミ処分

粗大ゴミ

家具などの大きなものを処分する際は、市区町村の役所に連絡して引取り予約をする必要があります。

 

引越し日が迫るにつれて荷造りなどで忙しくなるため、その前に手続きしておくのが良いでしょう。

 

ゴミや不要品に関しては安く処分する方法ならこちらです。
引越しで出た不用品やベッドをカンタン&安く処分する方法とは?

 

引越し2週間前までに行う手続き

転出届・印鑑登録の廃止

市区町村の役所

市区町村の役所に行って転出届を提出し、転出届証明書を発行してもらいましょう。

 

役所によっては転出届を提出するだけで自動的に印鑑登録の廃止手続きがされるため、改めて印鑑登録の廃止が必要かどうかは役所に確認して手続きしてください。

 

引越し1週間前までに行う手続き

郵便物の転送届

郵便局

引越し後、旧居に届いてしまった郵便物を新居に転送してもらうため、郵便局の窓口にある転居届に必要事項を記入して投函しましょう。

 

転居・転送サービスは1年間、旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送してくれるサービスです。

 

インターネットからでも手続きが可能です。
郵便局の転居・転送サービス

 

ガス・水道・電気関係

水道

旧居と新居、それぞれを管轄しているガス会社、水道会社、電力会社に連絡をし、解約手続き新契約をしましょう。

 

ガスに関しては、新居で開栓する際に立会いが必要となるため、その日付を打ち合わせておきましょう。

 

 

引越し後に行う手続き

転入届

住民票

引越し後14日以内に、転出証明書と印鑑を持参して市区町村役所に行き、転入届を提出しましょう。

 

運転免許証の住所変更などで必要なので、このときに住民票を取得しておくと楽です。

 

同じ市区町村内での引越しであれば、手続きが必要ない場合もあります。

 

 

 

運転免許証の住所変更手続き

運転免許証

住民票と印鑑、運転免許証を持って最寄りの警察署や運転免許試験場に行き、運転免許証の住所変更手続きをしましょう。

 

運転免許証の住所変更がされてないと金融機関などの手続きで住所の証明が必要なときに不便なので、なるべく早く手続きしておくのが良いでしょう。

 

その他

 

電話やインターネットの移設

固定電話やインターネットを接続している場合は、電話会社とプロバイダーに連絡して移設手続きをしましょう。

 

プロバイダーが新居に対応していない場合は解約が必要なので、早めに確認して手続きしましょう。

 

定期購入物の住所変更届

新聞紙

新聞や牛乳など、定期購入しているものがあれば住所変更を行いましょう。

 

新居が管轄外になる場合は契約解除が必要なので、事前に確認しておきましょう。

 

各種金融機関の住所変更

口座を開設している銀行やクレジットカード会社などに連絡をし、住所変更の手続きをしましょう。

 

車関係

車

バイクや自動車を持っている場合は、住所変更登録の手続きが必要です。

 

車の大きさなどによって、手続き方法や必要な物、書類、届出場所が違うため、事前に調べておきましょう。

 

 

保険関係

印鑑

国民健康保険に加入している場合は、保険証と印鑑を持って市区町村役所に行き、転出手続きをしましょう。

 

引越し後、新居の市区町村の役所に印鑑を持って手続きすると新しい保険証が発行されます。

 

また、国民年金に加入している場合は、年金手帳と印鑑を持って住所変更手続きをしましょう。

 

勤務先

勤務先

引越し後は速やかに住所変更の旨を勤務先に届けましょう。

 

厚生年金や政府管掌保険など、勤務先から手続きが必要なものが多数あります。

結婚後、引越しして一緒に住む時のやることと手続きのまとめ

結婚

結婚を機に新居で一緒に暮らし始める恋人同士はたくさんいます。

 

幸せが胸に溢れて、これから始まる二人の生活に心が躍るところですが・・・。

 

転出や転入届婚姻届の提出や、銀行口座クレジットカードなどその他もろもろの住所氏名名義変更と、結婚と引越しを同時にするのはなかなか忙しいものなのです。

 

そこで、そんな大変な手続きを手際よく行える流れをご紹介します。

 

ピン転出届が提出できる引越し14日前から手続き準備開始!

 

住所・氏名変更手続き用紙

旧住所管轄の役所で転出届を出し、転出証明書をもらいましょう。

 

また、ついでに婚姻届を手に入れておきましょう。

 

2〜3枚もらっておくと、書き間違えたときも安心です。

 

結婚前の本籍とは違う役所へ婚姻届を出す場合、戸籍謄本が必要になってきます。

 

本籍地の役所から戸籍謄本を取り寄せておきましょう。

 

そして、クレジットカード、各種保険、携帯電話、銀行口座など、各窓口で住所氏名の変更手続き用紙を手に入れておきましょう。

 

ピン引越し先ですること

 

印鑑

引越し後14日以内に転入届を出しましょう。

 

また、14日以内に婚姻届を出せるのであれば一緒に出すと何回も役所に行かなくて済みます。

 

国民健康保険国民年金の加入・変更も一緒に行い、必要に応じて印鑑証明も登録しましょう。

 

そして、住所証明に必要になる住民票を手に入れておきましょう。

 

ピンその他の氏名や住所の変更は運転免許証から

 

運転免許証

住民票を持って新住所を管轄している警察署か運転免許センターに、運転免許証の氏名や住所の変更をしましょう。

 

運転免許証から変更すると、クレジットカードや銀行口座などの氏名・住所変更時に必要な本人確認住所証明に使えるので便利です。

引越しやることリスト【各種手続きの一覧】記事一覧

引越しをするときに忘れがちなことのひとつに、NHKの手続きがあります。手続き方法には、以下の3つがあります。NHKの住所変更手続き方法電話・・・(0120-1515)ホームページ・・・https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/AddressChangeMenu.do郵送・・・郵便局に設置されているNHK住所変更届に必要事項を記入して提出◎郵送での手続きする場合は、郵便物転送届...


inserted by FC2 system